別れと復縁を繰り返すカップルの特徴と心理10つ




1月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<1月28日(日)まで>
無料で復縁鑑定します


・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

復縁業界では日本一と呼び声の高い
特別な占いで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、
この機会にぜひご活用ください。

 今すぐ無料鑑定する ⇒
※20歳以上限定です。
※鑑定結果はその場でわかります。

あなたの周りにはちょっとしたケンカで別れるのにまたすぐヨリを戻すようなカップルはいませんか?

本来なら好きになった人とは長い時間をかけてしっかり愛を育んでいきたいもの。

「復縁したいのに出来ない」と悩む人が多い中ですぐにヨリを戻せるというのは嬉しい悩みのように感じるかもしれませんが、本人たちはその都度傷ついたり嫌な思いをしている訳ですから、本当に幸せかといえばそうではないのかもしれません。

復縁が出来ても「またすぐ別れるんじゃないかな」という不安でいっぱいなお付き合いは、健全なお付き合いが出来ているとは言えないものです。

こんな風に別れと復縁を繰り返すカップルにはいくつかの特徴と共通する心理があります。

そこでこの記事では、その特徴と心理についてご紹介をしていきます。

あなた自身がそんな付き合い方をしている場合にも、この記事は参考になると思いますので、ぜひ目を通してみておいて下さい。

感情をコントロールできない

ケンカやちょっとしたすれ違いで別れてしまうカップルは、とても感情的であることがほとんどです。

ちょっと時間を置いて頭を冷やしたりとか、話し合って解決をするという冷静さを欠いてしまっています。

ですので、まずケンカをする段階でものすごく些細な理由で怒ったりします。

いつもより返事が遅いですとか、待ち合わせの時間に来ないですとか、仕事で忙しくてあまり構ってくれないですとか、ちょっとした我慢ができない部分があるのが特徴です。

そして、なんてことない理由で簡単に機嫌を治します。

「好きだよ」「君しかいないんだ」と言われただけで、本当の意味で問題が解決していないのにコロッと気持ちが流されてしまいます。

簡単に別れたりヨリを戻すというのはとてつもない労力を使いますが、そんなことも忘れるくらい感情に支配されてしまうのです。

良い言葉で言えば切り替え上手ともいえるでしょう。

ポイント
その分、何かのキッカケで本当にもう無理だと思ったときには、尾を引かずあっさり別れてよそで恋人を作ったりします。

心配性と浮気性

浮気性だったり、心配性な人も別れと復縁を繰り返す傾向があります。

それは、ちょっとしたことでのケンカが増えてしまうためです。

例えば心配性の場合、元々の性格が違うせいで喧嘩になったのであれば「価値観が合わなかったんだ」と諦めることが出来るのですが、相手を思うからこそ来る心配がキッカケで喧嘩になると、

「自分が心配させたことで喧嘩になったんだし、悪いことしちゃったな」

「もともと心配性なだけで、ちょっと我慢すればまたうまく付き合っていけるはず!」

こんな風に考えるようになり、復縁をした方がいいと思うようになります。

浮気症に関しては些細なケンカとは言えませんが、浮気症の彼氏・彼女だと思っていると実際に浮気をしていなくても浮気を疑うことで頻繁にすれ違いが起こります。

相手が浮気症だから心配性になってしまう人もいて、案外この組み合わせで付き合っているカップルも少なくありません。

ダメと言われるからやりたくなる人の心理もあるから、嫌いになれなければ復縁と別れを繰り返すパターンも多いのです。

本当に浮ついた気持ちで浮気をするなら、相手の気持ちは自分に残っているから完全に別れられないこともありえます。

ポイント
心配性の恋人が嫌になっても完全に嫌いになれるかと言えば、愛情を感じるし「戻れる場所」だと思っているからこそ、嫌いになれないことも多いものです。

依存心が強い

依存心が強いと、誰かと離れて独りになるのが心底怖くなってしまいます。

そのため、恋人と別れるのはこの世の終わりと同じくらいの絶望感があって、あの手この手を使って必死に引きとめたり、ヨリを戻そうと躍起になるのです。

こうした強い依存心を持っている人は、

「一緒にいなきゃ死んじゃう!」

ぐらいの強い思い込みをしていますので、ヨリを戻すためになりふり構いません。

大人気なく泣いてしまったり、何度も連絡をしたり、時に手を上げてしまったり・・・

普通なら避けたいと思う行動でも、恋人とヨリを戻すためなら実行に移します。

それだけ離れたくない心理が強いのですが、こういったタイプの場合は

「彼じゃなきゃダメ」

「彼女じゃなきゃダメ」

と思う人が案外少なく、とにかくそばにいてくれる人を欲しています。

ポイント
ですので、浮気をしていたり他にいい感じの異性がいたりすると、簡単に前に進むことができるタイプでもあります。

常に「理想の恋人」を探している

特に恋愛経験が少なかったり、結婚を意識している人、いつも損得を考える人に多い特徴です。

一人の人と付き合っても、

「他にもっといい人がいるかもしれない」

「あの人の方が、今の恋人と一緒にいるより将来的に幸せになれるかな?」

と、常に今よりいい条件の異性を探している人がいます。

こういったタイプの人は、恋人の他に親しい異性が出来ると比較的簡単に今の恋人を切り捨てることができてしまいます。

例えば仕事先の上司、自分の好きな分野で成功している人、見た目が好みの人など条件は人それそれですが、特に

しかし、その人とうまくいかなそうだと感じると古巣に戻ってくるのです。

ポイント
こうしてさっぱりしている相手には恋人の方が依存的になることが多いので、恋人もすぐに許してしまうようです。

飽きっぽい

一人の人と付き合っていてもすぐに飽きてしまう人はすぐに別れてしまいます。

こういったタイプの人は『飽きた=嫌い』ではなく、純粋に刺激がないことがつまらないだけなので、

  • 一人になって寂しくなった
  • 元恋人が一生懸命努力して復縁しようとしてくれている
  • 別れる前に見つけた楽しみにも飽きた

こういった状況になるとヨリを戻すことを考えます。

常に一つのところに留まらない性格なので、多趣味だったり友達が多かったりと恋人がいなくてもあまり寂しくならない傾向もあるようです。

先ほどの「理想の恋人を探している」というケースにも当てはまるように、こうして恋愛依存体質でない人には恋人も依存しやすいもの。

ポイント
飽きっぽいというと印象が悪いのですが、こういう人でも復縁を繰り返せるのにはこういった理由があるのです。

考え方が若い

復縁と別れを繰り返すカップルは、若かったり、考え方が幼いのも特徴のひとつです。



実際の年齢という意味よりも精神年齢の方の意味で、若いカップル・幼いカップルはどうしても軽く「別れ」を相手に宣言してしまう傾向があります。

特に中学生、高校生のような10代のカップルはSNSでお付き合いを宣言したその数日後に簡単に別れたことを公開することも多いようです。

しかし20代の中盤から後半になってくると、復縁と別れを繰り返すカップルはとても少なくなります。

それは些細なケンカで別れたことを後悔して経験則にしたり、問題と向き合う器ができたり、大切なものが段々揺るがなくなってきたりして、一人の恋人を大事にするような土台が出来るためです。

きちんと別れを『精神的な成長』とすることが出来る大人は、恋愛でも簡単に失敗することがありません。

ポイント
決して若いのが悪いというのではなく、別れと復縁の重みをしっかり理解できるようになるためには、いくつかの経験が必要ということです。

本気で付き合ってない

相手に対する思いが浅ければ、その分簡単に別れることも復縁をすることもできます。

別れはもちろん相手を傷つけてしまうものですが、相手をそんなに大事に思っていなければ、人を傷つけるのにそこまで抵抗感は生まれないものです。

同じように復縁でも、ちゃんとした恋愛なのであれば、

「また同じことで別れないようにしないと・・・」

という緊張感を持つことができますが、相手を深く愛していないのであれば、とても軽い気持ちで復縁することができます。

もし相手がこんな心理で付き合っているのであればすごく悲しいことですが、ちょっと視点を変えてみると、そんな愛し方しかしないから相手は他の人にも愛されないという現実も見えてくることでしょう。

だからこそ、別れても自分を思ってくれる元恋人とヨリを戻すのです。

人を愛するとはどういうことか、人と付き合うとはどういうことかをしっかり分かっていない人にこういった傾向が多いようです。

ポイント
人を愛する幸せを実感することが出来れば、こんな悲しい現実からも卒業できて落ち着いた恋愛が出来ることでしょう。

愛されている実感が欲しい

常に愛情に飢えているような人や寂しがりやな人は、はっきりとした愛情表現を求めています。

そのため、わざと別れることで恋人から追いかけてもらい、愛されている実感が欲しいと思う心理が働きます。

必要とされたい理由として考えられるのは、「寂しさ」や「不安」というネガティブな感情が離れないためです。

なぜ離れないのかというと、それは幼少期の愛情不足といった経験が影響してくるのですが、今回はその解説は省きます。

こういった心理を持っている人は、とにかく愛されていることに慣れていません。

恋人が毎日連絡をくれていても、きちんと定期的なデートが出来ていても、一緒に居るとそれが当たり前になってきて、必要とされているという刺激が薄れてきます。

たとえ恋人に問題がなくても「もっと愛して欲しい」という気持ちばかりが大きくなってしまうのです。

そうすると、必要とされているという感情を味わうために、また別れるという選択を取ります。

ポイント
そして復縁することで、必要とされているという刺激を得ようとするのです。

成長ができなかった

別れた相手と復縁をしたいと思ったのなら、別れ話の時や別れた後に変わることを宣言したり、実際に努力をするものです。

そしてそれを元恋人も信じて期待したからこそ、ヨリを戻すことを許されました。

しかし、ヨリを戻してみて何も変わっていないことが分かれば当然相手は失望しますし、むしろ最初に別れる前よりも嫌いになっても仕方がありません。

喧嘩になると、古い話を持ち出して相手を責めるのはよくある事です。しかしやはりそれをしてしまうと相手だってあなたの過去を持ち出して水掛け論になるでしょう。

一度別れたにも関わらず何も変わっていないと、どうしても相手のことを信用できなくなります。

でも「今回ばかりは・・・」という期待が捨てきれなくなって、別れと復縁を繰り返してしまうのです。

こうして別れた後に成長が出来ないカップルは、別れと復縁を繰り返すごとにお互い疲れたり信用が薄れてやがて復縁できなくなってしまいます。

別れた後の成長は復縁の基本中の基本です。

ポイント
相手の期待を裏切って傷つけないためにも、ちゃんと自分に出来ることはしてからヨリを戻したいものです。

本当に相手でいいのか?と迷い続けている

何度もくっついたり離れたりするカップルには深層心理の部分で問題があります。

どういった人たちがこのような関係をずるずると続けてしまうのかというと、自分のことをきちんと決められない人たちがほとんどなのです。

別れと復縁を繰り返すカップルは、お互い「この相手で本当にいいのだろうか」と常に疑っています。

例えば友だちに「その彼、どうなの?」と否定的に言われたり、雑誌で「こんな男はNG!」という記事に彼が当てはまっているというだけで、その彼とのお付き合いに疑問を持ってしまうのです。

自分軸で物事を判断できず、ついつい他人に意見を合わせてしまう人たちが、相手ときちんとした関係を築けない傾向にあります。

しかし、だからといって相手のことを嫌いになったわけではありません。

周りに歓迎されない、何となく社会的評価が低そう、それだけの理由で別れを考えただけなので、別れてみたものの、やっぱり相手のことが好きという気持ちをぬぐい去れず苦しんでしまいます。

ポイント
本当はこういう関係もやめたいと本人たちも望んでいるのですが、なかなか怖くてできずにいるケースが多いようです。

別れと復縁を繰り返すのは悪ではないが、メリットはない

別れと復縁を繰り返すというのは、その分成長が出来るように見えますし、復縁するたびに愛情が深まるように思うかもしれません。

ですが実際には、こういったことがないからこそ別れと復縁を繰り返してしまうのです。

別れのたびに傷つき、復縁するたびにまた別れを怖がるようなお付き合いをしてしまうのは、決して楽しいとは言えません。

せっかくなら好きな人と楽しく毎日を過ごせるようにしたいもの。

どちらかが一歩踏み出してみれば一気に信頼が生まれ、長く一緒にいられるようになります。

もしあなたが別れと復縁を繰り返してしまうようであれば、この記事を参考に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

あなたは大好きな男性がいて、どうしても別れたくないと思っていますよね? まだ気持ちのある男性と振られたり、別れそうな時。 ついつ...



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.