【別れた原因別】彼が思わず復縁したくなる魔法の言葉

20歳以上の女性は必ずご確認下さい

復縁というのは、一度別れているという事実があるだけに簡単に上手くいくものではありません。
でも、しっかりと相手の気持ちやあなたに対する感情を読み取ることができれば、十分にそれを覆すことは可能です。

今回は、男性が思わず復縁したくなるような言葉をご紹介します。
別れた原因別になっているので、あなたの状況に合った言葉を使ってみてください。

彼が思わず復縁したくなる言葉

思わず復縁したくなる言葉とは、男性の不信感を取り除くことができる言葉です。

別れを迎えてしまったカップルには、大抵何かしらの原因があります。
原因はないけど別れるなんてことはほとんどないと言っていいでしょう。

その原因を改善することができなくては復縁は難しく、もしできたとしても再び別れの道を辿ってしまうことになります。

そのため、別れたときに男性が抱いていた不信感をしっかりと取り沿いてあげるような言葉が必要なのです。

では、具体的に別れた原因別に、男性が思わず復縁したくなる言葉をみていきましょう。

ケンカ別れ(自分が原因)

あなたが原因のケンカで別れにいたってしまった場合、なによりもまず

「あのときはごめんね」

という言葉が必要です。

やはり、終わったことではあってもケンカはそれぞれの心に感情のしこりを残します。
それをそのままにしていては、復縁活動の中でマイナスになってしまいます。

また、そのケンカの原因となったことを、もう自分がしないと主張しましょう。
しっかりと自分が悪かったことを認めることから、彼との関係修復が始まるはずです。

ケンカ別れ(相手が原因)

相手が原因のケンカで別れてしまった場合、彼を責めることは一番やってはいけないことです。
逆に、あなたがそのケンカの原因となったことに対して、

「あのときは〇〇でケンカになっちゃったけど、あんなことで怒っちゃってごめんね」

など、むしろ自分にも非があったことを主張した方が、彼もそのケンカを忘れることができます。

男性はプライドが高く、頑固な人が多いので、向こうから謝ってくることを期待するよりは、思い切って自分から謝った方が“寛容さ”もアピールができますよ

遠距離が原因

遠距離が原因で別れてしまった場合、

「離れてから大切さが改めてわかった」

ということを伝えましょう。

遠距離が原因で別れてしまった場合、基本的にお互いの信頼関係の不足や気持ちの希薄さがあったということです。

その関係を結び直し、より強固なものにするためにも、“私にはあなたが必要”ということを伝える必要があります。

もう一度お互いの存在が必要なものだと確認することができれば、復縁することも十分可能です。

自分が心変わりした

自分が心変わりをしたことで彼と別れてしまった場合、彼にはあなたに対する不信感が残っています。

それを解消するためにも、

「あなたしかいない」

のような“唯一無二”の存在であることを、相手に伝えていく必要があります。

彼の不信感を払拭しないことには、なかなか復縁をすることは難しいです。

まずは彼に理解してももらえるまで、焦らずしっかりと自分の気持ちを伝えていきましょう。

すれ違いが増えた

お互いの生活や気持ちがすれ違ったことが原因で別れてしまった場合、

「私がもっと大人だったら、まだ付き合っていられたのに」

など、自分の反省を言いながら、まだ彼に対して気持ちが残っていることを伝えましょう。

すれ違いで別れてしまったときには、お互いに後悔や気持ちが残っていることが多いです。

そんなときに、あなたがまだ彼を思っていることを伝えれば、きっと彼も当時の後悔や気持ちを思い出してくれますよ。

後ろ向きな言葉ではなく前向きな言葉で

復縁のときには、後ろ向きな言葉ではなく、前向きな言葉を伝えていくことが大切です。

もちろん、別れてしまった原因に対して向き合う気持ちは必要ですが、それよりも

「前を見据えたうえで、もう一度付き合いたいと思っている」

という、未来のことを考えた気持ちを伝えていったほうが、復縁に向かって彼との関係が進んでいきますよ。

まとめ

別れた原因やお互いの気持ちによって、“彼が思わず復縁したくなる言葉”は違います。

でも、それを的確に選ぶことができれば、きっと彼と復縁することも可能ですよ。

彼が交際当時どんなことに不満を持っていたのか、どんなことが原因で別れることになってしまったのか、これをしっかりと考えて、彼が本当に求めている言葉を伝えてみてくださいね。