復縁に自己肯定感は関係あるの?自己肯定感が低いとなんで良くないのか?

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料で復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みをオーラリーディングで解決します。

復縁業界で今注目のオーラリーディングで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果はその場でわかります


復縁活動をしていると

【自己肯定感を高めた方がいい】

という言葉を聞くことがあると思います。

でも、そもそもよくわからなくて

「自己肯定感ってなに?」
「自己肯定感が高いとなんでいいの?」

このような疑問が生まれるでしょう。

そこで今回から2回に渡って

なぜ自己肯定感が低いと良くないのか?

そして自己肯定感を高める方法にはどういったことがあるのか?

この2つをご紹介していきます。

今回は「なぜ自己肯定感が低いと良くないのか?」を詳しく説明していきます。

自己肯定感って?


そもそも自己肯定感って何か知っていますか?

辞書で調べると

【自己肯定感】…自らの在り方を積極的に評価できる感情
        自らの価値や存在意義を肯定できる感情

とあります。

自分で自分のことを認めてあげられるかどうかということですね。

でもなかなか自分で自分を認めたり、褒めたりしてあげることってないですよね。

「わたしなんかまだまだだ」
「もっとがんばらないといけない」
「わたしなんて。。」

こうやって考えてしまうこともあると思います。

これには日本の国民性も関係しています。

日本人は自己肯定感が低いと言われていますからね。

諸外国と比べても日本人の自己肯定感は圧倒的に低いんです。

ですから日本人全体的に自己肯定感は低いと言うことができるのですが、

復縁や恋愛などに悩んでいるとより自己肯定感が低くなってしまうんです。

「返事がないということは嫌われているのかもしれない」
「誘っても断れるのはもう会いたくないってことなんだ」

こうやって考えてしまって相手の言動を気にしたり、小さなことでも不安な気持ちになってしまったりしますからね。

また自己肯定感は、

・家庭環境
・自分が育った環境
・周りの人

こういったものでも形成されると言われています。

自己肯定感が低いと何がダメなの?


では、なぜ自己肯定感が低いと良くないと言われているのでしょうか?

それは自己肯定感が低いことが原因で与えてしまうマイナスな印象が大きいからなんです。

そこで自己肯定感が低いことが原因で与えてしまうマイナスな印象について細かく説明していきます。

自分が良くないと思う

自分の意見を持っていたとしても

「きっとこの意見じゃ良くないんだ」
「認めてもらえないかもしれない」

このように感じてしまいます。

そうして自分の意見が言えなくなってしまうと

・自分の意見はないのか
・意志がないのか
・はっきりしないな

こういったマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

ついがんばりすぎてしまう

自分で自分のことを認めてあげることができていないので

周りの人から頼られたりすることでその気持ちを満たそうとします。

その期待に応えようとしてついついがんばりすぎてしまって、自分で自分を追い込んでしまったりするんですね。

自分で自分を追い込んでしまうと気持ちにも余裕がなくなってしまうので、感情的になってしまったりするんです。

プレッシャーに弱い

自分のことを自分で評価ができていないということは、自分に自信を持つことができていないとも言えます。

自分に自信を持つことができないので、プレッシャーにも弱くなってしまうんですね。

期待されることにすら不安な気持ちを感じてしまうこともあります。

それでもし逃げ出してしまうようなことがあったら。。

あなたのことを信用して頼んだ相手の信頼も一気になくすことになってしまいます。

断ることができない

自己肯定感が低いと周りの人に評価してもらうために、

期待されたり頼まれるとついついがんばりすぎてしまう部分があります。

もちろん頼られているということは認めてもらえると言えますが

もしかしたら悪い考えから物事を頼んでくる人もいるかもしれません。

「あの人に頼めばなんでもやってくれる」

こういったものですね。

ですから、自分が嫌だなと感じたことは断ることも必要ですが

自己肯定感が低いと断ることで評価してもらえなくなってしまうと感じてしまうので

自分が嫌だなと感じたことも断ることができなくなってしまうんです。

イエスマンになってしまうと自分が一番苦しくなってしまいますからね。

周りの目を気にしすぎる

自分で自分のことを評価することができないので

自分が周りの人からどう思われているのかということを気にします。

何をする時も周りの視線が気になってしまったり、どう思われているかを気にしすぎてしまい

思うように行動できなかったりするんですね。

褒められるのが苦手

自分のことを認めてあげられていない状態だと

周りの人が自分のことを認めてくれた時に

「なんで?」「どうして?」

という気持ちが生まれてしまいます。

そうなると褒めてくれた言葉も素直に受け取ることができなかったりするんです。

褒めているのにその言葉を素直に受け取ってもらえないと、褒めた側も良い気持ちはしないですからね。

目に見えるものしか信用できなくなる

自己肯定感が低いと「信じる」ということができなくなってしまうことがあります。

どんなに言葉で伝えられても、信じることができない状態です。

なので目に見えるもの、耳で聞いたものしか信じることができない場合があります。

どんなに伝えても自分のことが信用されていないと感じたら誰だって悲しくなってしまいますよ。

目に見える繋がりを大事にする

「目に見えるものしか信用できなくなる」ということと繋がっているのですが

言葉などでは信用できなくなった時に、目でわかるものでしか信じることができなくなってしまいます。

それは例え、中身が無くても外側でしか繋がっていなかったとしても

その繋がりにしか目を向けることができないので本質を見失ってしまうことがあります。

まとめ


いかがでしたか?

自己肯定感が低いと自分自身も損をしてしまいますし

相手にもマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

自分で自分のことを認めてあげられているか

自分で自分のことを評価してあげられているのか

自分と向き合って考えてみてください。

次回【自己肯定感の高め方】についてご紹介していきますね!

20歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料で復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みをオーラリーディングで解決します。

復縁業界で今注目のオーラリーディングで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※20歳以上の女性限定です
※結果はその場でわかります