パーソナルスペースの男女の違いを理解し復縁に役立てる方法




1月中に復縁したい人必見
記事を読む前に必ずご確認下さい。
<1月28日(日)まで>
無料で復縁鑑定します


・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

復縁業界では日本一と呼び声の高い
特別な占いで、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、
この機会にぜひご活用ください。

 今すぐ無料鑑定する ⇒
※20歳以上限定です。
※鑑定結果はその場でわかります。

あなたはパーソナルスペースは知っていますか?

パーソナルスペースとは、自分を中心にした円系のエリアの事を言います。

パーソナルエリアとも呼ぶ事もあり、知らない人や苦手な人に、いきなり入りこまれると強い不快感を感じるエリアでもあります。

しかしこのパーソナルスペースを恋愛心理学の観点から上手く活用することで、相手があなたに抱いている心理を知り、無理なく距離を縮めて行くことができるのです。

恋愛においてのパーソナルスペースの活用法はネットでよくみかけますが、復縁においての活用例はあまり見かけません。

そこで今回は、パーソナルスペースの男女の違いと、復縁に役立てる方法を紹介します。

パーソナルスペースの男女の違いと、4種類のエリア帯

パーソナルスペースの男女の違い2

パーソナルスペースとは、いわば「縄張り」のようなものです。

信頼できる人にはいってこられても特に気にならなかったり、安心したりしますが、知らない人や嫌いな人に入られると、嫌な気分になります。

画像のよう男性は、自分の前にパーソナルスペースが大きく広がっています。

反対に背中かサイドには、ほとんどありません。

女性は均一にまるくパーソナルスペースが広がっています。

それぞれ男女共に、このエリアには知らない人、嫌いな人には入ってほしくない思うのです。

また、勝手に入ってこられると、その相手にイヤな印象をもつでしょう。

パーソナルスペース関係の距離感



また人間には4種類のエリア帯があるとされ、カップルや家族の密接距離、友達同士の個体距離、会社の同僚などの社会距離、演説や知らない人が話している時の公衆距離があります。

復縁の場合、一度付き合っていた関係とはいえ、振られているのですから何らかの理由で、彼に嫌われてると言えます。

なので彼の45センチ以内の密接距離のエリアには、勝手に入らないほうが良いでしょう。

特に男性は前方に長くパーソナルスペースがあるので、近くで向き合って近くで話すのはNG。

復縁を目指すにあたって、前方で話す時は元彼の60センチくらい前で、接するのがベターと言えます。

パーソナルスペースを復縁に役立てよう!

先ほどの紹介で、彼のパーソナルスペース、今あなたにズケズケと勝手にはいってほしくない、エリアは解ったと思います。

では、このパーソナルスペースを、どのように復縁に役立てるのか?

普通の恋愛の場合は、異性として意識してもらう為に、正面から近付き、関係を深めていくのですが、復縁の場合はちょっと違います。

まず基本、振られているので嫌われてます。ですので、警戒心の持たれない横の空いてるエリアから近付きましょう。

男性は前方に大きくパーソナルスペースが広がっているので、 会話をする時、会う時は必ず彼の横に立つ。 

(後ろでもいいのですが、後ろだと話にならないので…)

 彼と食事に言った時は、隣に座る。 

こういった事を意識するだけで、一緒にいることが居心地が悪いと思われる事が少なくなり、振られてお互い何となくギクシャクしてても、そういった気持ちが少なくなります。

男性の横のパーソバルスペースはせまいので、元彼の横30センチくらいで話しかけたり、接したりすると話やすかったり、再び心の距離が近づきやすかったりするでしょう。

体の距離感は心の距離感!上手く心も体の距離も近付けよう!

パーソナルスペースを知っておけば、

「こいつ元カノだからって近っ…!!」

「なんでこんな距離近いの?今でも彼女きどり??」

と、元彼にイヤな思いをさせずにすみます。

これ以上嫌われないようにするためにも、今後の関係を円滑にし復縁成功を目指す為にもパーソナルスペースは是非覚えておいてほしい心理学です。

他にも当サイトでは復縁に役立つ「心理学」を紹介してるので是非役立ててみてくださいね。




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.